ワインとアートは、エチケット(ラベル)に有名画家の作品が使われたワインもあるように、もともと親和性が高いものですが、特にクラフトワインは、自然と人が一緒に造り上げたひとつのアートとも言えます。

 「日本ワイン.jp」では、日本ワイン、日本のクラフトワインの醸造家と同じ表現者として、日本のアーティスト(芸術家)も応援して参ります。